HOME>Column>軽自動車を中古で買えばより安く済ませることができる

軽自動車を中古で買えばより安く済ませることができる

車

中古車を買うときにチェックすべきこと

自動車を購入するときに、オシャレや格好がよいことを条件とする方もいますが、維持費が安いことを条件とする方も多いでしょう。その場合は、普通自動車ではなく、中古の軽自動車を購入すれば、車両代はもちろんのことガソリン代や税金にも満足できます。ただし、軽に限らず、自動車を中古で購入するのなら、きちんと把握しておかなければいけない事項があるので確認しておきましょう。まずは、自動車の年式と走行距離は必ずチェックして、できる限り新しく距離が少ないものを選ぶ必要があります。これらは故障率に直結しますので、コストパフォーマンス的にも優先して考えることが大切です。そして、公道を走るために必要な車検が残っている期間も、購入前にしっかりと確認しておきましょう。それは、車検がまったく残っていないのなら、整備をするための費用が別途必要になるケースが多いからです。

木の車

購入店選びも間違えないこと

軽自動車を中古で購入するのなら、本来ならばついているはずのメーカーの保証はまったく存在しないことになります。そのため、故障したときに頼りになるのは、中古車販売店となるので、できる限り長い保証期間を付けているところを選ばなければいけません。格安で販売されている中古の軽自動車は、値段だけを考えるのならとてもお買い得だといえます。しかし、保証期間があまりにも短い場合は、損をする可能性があるのを知っておきましょう。お店によって一週間しか保証期間がないケースもあり、そのようなところで購入したのでは、すぐに壊れてしまったとき大損をしてしまいます。そのため、長めの保証期間がしっかりと設定されていて、値段もそれなりに安い中古車販売店を探すことが大切といえるでしょう。