年齢に適した基礎化粧品選び|50代の肌に合うアイテム

pretty girl

肌の衰えをくい止める

笑顔の女性

女性の肌の衰えが目立ってくるのは40代と言われています。これは、閉経に向けて女性ホルモンの分泌が減少することが主な原因です。女性ホルモンは女性らしい体型や潤いのある肌の素となるもので、これが減少することでそれまで維持してきたことが困難になってしまうのです。女性ホルモンの分泌は閉経に近づくほど減るため、平均閉経年齢の50歳前後にはさらに肌の悩みは深刻化していきます。深いシワや濃いシミ、はっきりとしたほうれい線、たるみなどが目立ち、人によっては人相が変わるほど老け顔になる場合もあるのです。このような変化を見せる50代の肌ですが、それでも正しい知識を持って対処することでさらに深刻化する肌の衰えをくい止めることは可能です。それがエイジングケア用基礎化粧品の使用です。自分の肌の悩みにあったエイジングケア用基礎化粧品を使用することで、老化に向かう肌を救済し改善することは可能とされているのです。今、各化粧品メーカーがこぞって開発に力を入れているのが50代前後の女性のためのエイジングケア用基礎化粧品と言われ、これにより高い効果が期待される商品が数多く世に出ているとされています。

50代の女性にとって最も必要な効果は保湿と言われています。50代の肌の水分保持力は、20代の頃に比べておよそ半分です。つまり50代の肌は常に乾燥状態にあることから、なによりもまず保湿を行い肌の潤いを保つことが肝心とされるのです。ちなみに50代になると肌が油っぽくなることがありますが、これは肌の水分量が足りないことで皮脂が出やすくなっているからと言われています。保湿に効果的な成分はいくつかありますが、肌の奥に届きやすく潤いを保ちやすいとされるのがセラミドです。50代女性がエイジングケア用基礎化粧品を選ぶ際には、まずはセラミドが配合されたものを選ぶと良いとされています。また、乾燥しやすく弱りがちな50代の肌は、敏感になりやすいと言われています。そのため、刺激の少ない敏感肌用の基礎化粧品もおすすめです。

Copyright ©2015 年齢に適した基礎化粧品選び|50代の肌に合うアイテム All Rights Reserved.

Crystlix Free web templates sponsored by Exclusive Website Templates From TemplateMonster.com